iTunes-Lameの代替を考える

前の記事:Flashフルダウンロードでのインストール || 次の記事:2012年Q2にRetinaのMacBook Proリリース?

あらまし

iTunes-LameとはiTunesからCDのメタデータを取ってきて、OSSのMP3エンコーダLameでエンコードして、さらにはiTunesに登録してくれるiTunes補助ソフト(?)です。
iTunesのアップデートに付き合っているうちにいつのまにかiTunes-LameがApple Scriptのエラーで起動しなくなってしまいました。Webをみると現時点で同様の組合わせ(Lion+iTunes10.?? )で使えている人も居るようなのですが、前もiTunesのバージョンアップ時に動かなくなって色々苦労したので、今度は新しいものを探す方向にしました。

今回探したソフトウェアの要件は下記です。

  • MacOS X Lionで動く
  • Lameでエンコードできる
  • iTunesからアルバム/曲情報を取ってきてくれる
  • iTunesに登録してくれる

色々探したところ、要件に合致するソフトがありました。XLD(X Lossless Decoder)というソフトです。
XLDはMacOS Xで動く音楽フォーマット変換ソフトです。バージョン20080812以降でCDからの読み込みに対応したそうで、任意の音楽ファイルフォーマットに変換可能です。MP3への変換は最新のLAMEを使っているようです。

今回使用した環境は下記です。

使い方

前準備編

上記サイトからバイナリをダウンロードし、アプリケーションフォルダにコピーします。
起動すると、初回の起動時に環境設定の画面が出るので、下記の設定を行います。

[一般]で[出力フォーマット]をLAME MP3に変更します。音質をかえる場合はその隣の[オプション]にて変更します。
続いて、[出力先を指定]でiTunesの音楽フォルダに変えます。
[可能であれば変換後にファイルをiTunesに追加]にチェックを入れ、ラジオボタンの[ライブラリ]を選択します。

取り込み編

ドライブにCDを入れます。XLDの[ファイル]メニューから[オーディオCDを開く]を選択します。

ここでは元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎1stソロアルバム『幻とのつきあいかた』を取り込みました。


iTunesから取得した曲のリストが表示されるので、問題なければCDマークの読み込むをクリックします。

すると、下記のような転送中を示すダイアログが表示されます。

転送中にiTunesに登録されていきます。

作成したmp3ファイルのタグはこんな感じです。なお、ジャケット画像は後からいれました。



前の記事: Flashフルダウンロードでのインストール || 次の記事:2012年Q2にRetinaのMacBook Proリリース?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください