『カラヤンとフルトヴェングラー』

フルトヴェングラーとカラヤンの確執についての本。タイトルで、カラヤンの名前が先に来ているのはマーケティングですかね。チェリビダッケの名前を知っているぐらいの人だったら、面白いと思いますよ。僕としては、フルトヴェングラーのバイロイト九番の経緯を知ることができてよかった。 カラヤンとフルトヴェングラー[Amazon] ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」[Amazon] —–

Continue reading