『カラヤンとフルトヴェングラー』

前の記事:『ハイ・フィデリティ』 || 次の記事:NINTENDO DSの英語学習ソフトまとめ

フルトヴェングラーとカラヤンの確執についての本。タイトルで、カラヤンの名前が先に来ているのはマーケティングですかね。チェリビダッケの名前を知っているぐらいの人だったら、面白いと思いますよ。僕としては、フルトヴェングラーのバイロイト九番の経緯を知ることができてよかった。
カラヤンとフルトヴェングラー[Amazon]
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」[Amazon]
—–

前の記事: 『ハイ・フィデリティ』 || 次の記事:NINTENDO DSの英語学習ソフトまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください