Linux rpm版のVMware Toolsインストール方法

前の記事:WordPressをアップデート || 次の記事:VMware VMIのサポート中止

RPM版のVMware Toolsインストール方法です。

とりあえず、vSphere環境でRHELを入れている場合について書きます。

  1. RPMのLinux系OSを入れる。
  2. vSphereクライアントでVMwareToolsのインストール的なものを選ぶ。
  3. xFree86にVMwareToolsが入ったCDROMのアイコンが出てくるのでクリック。
  4. RPM版のVMwareToolsを選択した状態で、右クリックで「パッケージマネージャで開く」を選択。
  5. RPMをインストール
  6. Shellを開いてrootで「/usr/bin/vmware-config-tools.pl」を実行
  7. 勝手に進み、画面解像度を入れるプロンプトが出るので入力。

何が言いたいのかというと、rpmをインストールするだけだと有効になりませんよという事です。

以上。

前の記事: WordPressをアップデート || 次の記事:VMware VMIのサポート中止

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください