Virtual Centerへのsysprep配置

前の記事:最近買ったもの(20080930) || 次の記事:最近買ったもの(20081014)

VMware Virtual Centerにsysprepを配置することで、仮想マシンのデプロイ時にWindowsの初期設定を自動化することができます。

ダウンロード:MSサポートオンライン

  1. sysprepの入手
    • WindowsメディアのSUPPORT\TOOLS\DEPLOY.CABを利用
    • Microsoftのサイトからダウンロード
      • 二種類の入手方法があります。
      • 上記いづれの方法でも解凍して全ファイルを配置する必要があります。
      • sysprepのバージョンによってはVirtual Centerから認識しないものがあるので、ダウンロードをお勧めします。
  2. Virtual Centerへの配置
    1. Virtual Centerサーバの下記フォルダに解凍したファイル一式を配置。
      • C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\vmware \virtual center\sysprep\(OSの種類Dir)\<ここに全ファイルを配置>
      • OSの種類ごとにsysprepの種類が違うので利用したいものを所定のフォルダに配置します。
    2. 配置が終わればサーバリブートやサービスの再起動など必要なく動作します。

以上、作業メモでした。

前の記事: 最近買ったもの(20080930) || 次の記事:最近買ったもの(20081014)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください