VMware ESXでRHELの準仮想化を動かす

前の記事:最近買ったもの(20080812) || 次の記事:わたしを断罪せよ

ESX3.5でRedhat Enterprise Linuxを準仮想化(Para-Virtual)で利用する方法を調べていました。

結局、2008/08/29の時点では無いようです。

VMwareでParaVirtualを行うには同社が開発したVMI(Virtual Machine Interface)をサポートする2.6.21以降のLinux Kernelである必要があります。ところが現時点のRHELのKernelは最新の5.2でも2.6.18辺りになっています。
RHELにこだわりが無いのであるなら、ESX3.5Update2の場合、SUSE Linux Enterprise Server及びUbuntu 8.04で出来るみたいですね。他のディストリビューションでも2.6.21以上を採用しているものがあるのですが、残念ながらESXのサポート対象では ないようです。(メニューに出てこないという意味?Other Linuxで動くかは不明)

Linuxディストリビューションの比較(wikipedia.org)

ESX3.5リリースノート(vmware.com)

UPDATE(2008/11/12)

redhatの各バージョンの採用Kernelの表を見つけました。(Red Hat Knowledgebase Article ID: 5859)

ここから傾向を読み取るにRHEL6.0を待つことになりそうです。

UPDATE(2008/11/27)

RHEL5.3Betaのアナウンスによるとカーネルはkernel-2.6.18-120.el5だそうです

前の記事: 最近買ったもの(20080812) || 次の記事:わたしを断罪せよ

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください