個人の無線LANをアクセスポイントに"FON"

前の記事:EclipseベースのBEA Workshop Beta 9.2を試す その2 || 次の記事:闘うプログラマー

個人の無線LANに相乗り、「FON」が日本で本格展開へ[@IT]

個人の無線LANをプロバイダにしてしまいましょう。というサービス。
利用プランが3つあるそうです。

1つ目は「Linus」。自身の無線LANアクセスポイントを無料で開放し、他のユーザーに使わせるユーザー。その代わりに、LinusはほかのFONユーザーのアクセスポイントを無料で利用できる。

2つ目は「Bills」。自身の無線LANアクセスポイントを有償で提供し、ユーザーから収益を得る。その代わり、自らが他のFONユーザーのアクセスポイントを利用するには料金を支払う。

3つ目は「Aliens」。自身で無線LANアクセスポイントの開放を行わずに、料金を支払って「Bills」のFONネットワークを利用する。

三番目の名前だけ浮いてる。。。Larryとかどうだろう?あるいは、Scottでもいいけど(tigerの方じゃなくて)

FON[公式サイト(英語)]

前の記事: EclipseベースのBEA Workshop Beta 9.2を試す その2 || 次の記事:闘うプログラマー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください