VMware Fusion4リリース 再び

前の記事:VMware Fusion4リリース || 次の記事:VMware Fusion4を安く買う方法

という訳で昨日のエントリで書いたように VMware Fusion4続報します。昨日のエントリを書いた時点はUSでの発表直後だったらしく、ドル表記しか無かったですが、その後VMwareのオンライン購入サイトに日本価格が掲示され4,635円とのことでした。

円高のご時世で、$49.99×76円=3799円なので、カード会社の手数料が数百円かかっても、ドル払いが安いなというところで、USDで払いました。まだカード会社のトランザクションに反映されていないので、結局幾らだったかはあとで追記します。
(9/25追記:VMware Fusion4を安く買う方法を書きました)

ちょっと触ってみた感じだと、二倍は言い過ぎ(9/25追記:二倍は3Dのパフォーマンスの事だったようです)ですが、仮想マシンは以前よりキビキビ動くようになりました。また、アクティビティモニタでプロセスをみてみると、以前のVMware Fusion3は32bitプロセスが混在だったのですが、VMwareFusion4関連のプロセスはすべて64bit化されています。
仮想マシンの一覧が表示される仮想マシンライブラリウィンドウは前の方がいいような気がするのですが、どうですかね。
あと、ウィンドウ上部のボタンなどがより洗練されたように思います。

まあ、誰も迷わないような手順ですが、インストール手順です。

1.ダウンロードしたdmgファイルをクリック

私の場合は、VMwareFusion3からのアップグレードなので右下の[ダブルクリックしVMwareFusion3からアップグレードする]を選びました。

2.恐らくアップグレードだからなのですが、ヘルパーアプリケーションを実行可否のダイアログがでて、実行。

管理者パスワードなどいれつつ、続行。

3.よくわからないダイアログが出ました。多分、アプリケーションフォルダ内でFusion3とぶつかってるからかと。

4.EULAにアグリー。

5.メールで届いたライセンスキーを投入。

以上、VMware Fusion4のご紹介でした。

前の記事: VMware Fusion4リリース || 次の記事:VMware Fusion4を安く買う方法

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください