VMware Fusion4リリース

前の記事:RetinaのiPad3は薄くて軽いバッテリーを搭載 || 次の記事:VMware Fusion4リリース 再び

VMware Fusion4がリリースされました。日本ではまだプレスリリースがでていませんが、USのものによると下記の特徴があるそうです。

  • MacOSX Lion対応(LaunchPad&Mission Controlでの操作)
  • パフォーマンス向上(2.5倍)
  • Mac LikeのUI
  • 仮想マシンとしてLionサポート

お値段ですが、今年いっぱいは$49.99で、それ以降は$79.99とのこと。2011/7/20以降にFusion3を買った人は無料でアップグレードできるそうです。(9/25追記:VMware Fusion4を安く買う方法を書きました)
英語ですが、画像でイメージできるWhat’s NewがFusion Blogに記載されています。

色々なところで書いているように私はVMware Fusion3ユーザなので、4を購入しようと思います。残念ながら、3からのアップグレード$30ぐらいなのは無さそうですね。
個人的に気になるのは、仮想マシンでLionサポートでServerでなくてもOKなように読めるところですね。Mac RumorsかApple Insiderにこの話は載っていたような気がするので驚きは無いですが。

明日になると色々なところでニュースが出てると思うので、続報(購入?)します。
—-
2011/09/16:追記。画面キャプチャなど別エントリで続報しました(リンク)。

前の記事: RetinaのiPad3は薄くて軽いバッテリーを搭載 || 次の記事:VMware Fusion4リリース 再び

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください