VMware Fusion4.1.2リリース

前の記事:Retina解像度なHiDPIをLionで有効化する話 || 次の記事:Seagate Momentus XTでMacBook ProのHDDを交換した話

今年最初のポストです。色々実験しているので書きたいと思う事はあるのですが、書く時間が取れないので、ズルズルと来てしまいました。で、簡潔に書けるこんな話題から。

VMware Fusionはいつも立ち上げっぱなしなので、気がつかなかったのですが4/10に4.1.2がリリースされていました。

主な変更点はこちらとのこと。

  • 仮想マシンの再開時に表示されることがある「メモリ不足のメッセージ」が解決されました。
  • Mac OS X Lion の使用時に印刷が中断する問題が解決されました。
  • 新しい Linux ディストリビューションでのコピー アンド ペーストの問題が解決されました。
  • 短い名前を使用した場合の共有フォルダのファイル アクセス問題が解決されました。
  • Developer ID を含み、Mac OS X 互換性に関する多くの問題が改善されました。
  • Windows 2000 での電源切断の問題が解決されました。
  • McAfee VirusScan のバージョンがアップデートされました。

細かい話は4.1.2のリリースノートに載っていますので、ご覧ください。

 

前の記事: Retina解像度なHiDPIをLionで有効化する話 || 次の記事:Seagate Momentus XTでMacBook ProのHDDを交換した話

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください