スティーブ・ジョブズの死

前の記事:VMware Fusion4を安く買う方法 || 次の記事:VMware Fusion4.1リリース


Steve Jobsが亡くなりました。インフォメーションテクノロジーの世界で数少ない次を期待させる何かを作り出してきた人物ですので、その死は残念でなりません。

私がJobsを認識したのは、Nextの頃だと思います。JobsがAppleに復帰したときは、私の周辺では随分話題になった事を記憶しています。

Jobsが再度Appleの指揮を執るようになっての快進撃をみていると、Jobsが居なくなったAppleは大丈夫なのかと思うと思います。

しかし、先ほど書いたJobsが復帰した頃のAppleファンの様子は、Jobsで大丈夫かいな?という感じでした。Jobsが経営から離れた後であっても十分にクールな製品を出していたので、逆にじゃじゃ馬のJobsが復帰して変な事にならないのかなという印象を受けていたのだと思います。

企業におけるその文化は、従業員の間にDNAの様に受け継がれるもので、Jobsが起業した際の企業カルチャーは、Jobsが離れた間も継続された。それは、Jobsが居なくなったこれからも同じで、やはり、血脈に様に受け継がれ続いていく。そのように思うのです。

R.I.P Steve Jobs

前の記事: VMware Fusion4を安く買う方法 || 次の記事:VMware Fusion4.1リリース

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください